7回忌を迎えた「高倉健」 「実妹」も「チーム高倉」も呼ばれない異様な密葬の光景

エンタメ 芸能 2020年11月9日掲載

  • ブックマーク

慶応病院の特室での最期

 映画俳優・高倉健が鬼籍に入ったのは2014年11月10日のことだった。早いもので今年は、亡くなって7回忌を迎える。そのプライベートは生前、厚いベールに覆われていたが、その秘密は年を追うごとに徐々に語られ始めている。不思議な面々が集った密葬の光景や「養女」の父親へのインタビューから名優を偲ぶ。

(週刊新潮2015年11月19日号に加筆・修正しました。肩書や年齢などは当時のものを採用しています)...

記事全文を読む