「相棒」を蹴って石垣島へ、最後に水谷豊さんに送った手紙…高樹沙耶が語る芸能生活30年

エンタメ 芸能 2020年11月9日掲載

  • ブックマーク

 今やすっかり「大麻合法化活動家」という肩書きが板についた高樹沙耶(57)だが、元々は、大手芸能事務所「オスカープロモーション」に所属する売れっ子女優だった。なぜ彼女は、これまで築いた地位や暮らしを自ら放棄し、「大麻」へと行き着いたのか。彼女が住む石垣島を訪ね、30年間の芸能生活を振り返ってもらった。(「“大麻ツイート”をやめた理由をお話します……高樹沙耶が石垣島で語ったホンネ」「高樹沙耶が2年前に再婚していた 本人が語った“出会いからプロポーズまで”」の続き)
...

記事全文を読む