箱根駅伝予選に2人の「スーパー1年生」 驚きのタイムは

スポーツ 週刊新潮 2020年10月29日号掲載

  • ブックマーク

 正月恒例の箱根駅伝。10位以内に入れなかった大学はシード権を喪い、翌年は予選から勝ち上がらなければならない。予選はリレー形式ではなく、選手個々の長距離走で、上位10人の合計タイムを競う。コロナ禍の今年は、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の滑走路を周回するハーフマラソンとして開催された。...

記事全文を読む