飛び降り自殺の巻き添えで亡くなった女子大生 遺族は損害賠償を請求できるか

国内 社会 2020年10月30日掲載

  • ブックマーク

 10月23日、大阪・阪急大阪梅田駅近くの商業施設「HEP FIVE」(10階建て)の屋上から男子高校生(17)が飛び降り、ビルの入り口付近を歩いていた女子大生(19)の背中を直撃した。男子高校生は搬送先の病院で死亡。女子大生は意識不明の重体だったが、翌24日の午後、亡くなった。突然、大事な娘を亡くした遺族の悲しみは如何許りか。今後、高校生の親に賠償を求めることは可能なのだろうか。専門家に聞いてみた。

 ***...

記事全文を読む