カーシェア会社破綻で窮地のオーナーたち 高級車が放置される駐車場で見た修羅場とは

国内 社会 2020年10月26日掲載

  • ブックマーク

 高級車専門カーシェア会社「Sグループ」の破綻から半月あまり。同社の破綻と同時に、600人ものオーナーがローン地獄に陥った騒ぎは、ワイドショーで取り上げられるなど社会問題化しつつある。240台の高級車が放置された埼玉県草加市の駐車場を訪れると、途方に暮れるオーナーたちの姿があった。

 ***

“高級車のオーナーになって投資をしませんか?”

 オーナーたちは、Sグループから“費用ゼロの儲かる投資”として勧誘され、7年の長期ローンを組んでベンツ、レクサス、BMWなどの高級車を購入していた。

 事情に詳しい中古車販売業社によれば、

「ローン代、保険代、自動車税などの諸々経費は、オーナーたちから車を預かったSグループが、カーシェア事業で出す利益から支払い続ける約束でした。実際、Sからは毎月のローン代金などが振り込まれていましたが、8月末ころからSの資金繰りが悪化して入金がストップ。10月上旬には事業停止となり、連絡がつかなくなってしまったのです」

 突如、オーナーたちは多額の残債を負わなければならなくなったわけだ。

「Sの活動が始まったのは2年くらい前だったので、ほとんどのオーナーは50回以上のローンが残った状態です。彼らの多くは、月々手取りで20~30万円くらいの、20代から30代の若者たち。契約したらすぐもらえる数十万円の“ボーナス”に目が眩んでしまった」(同)

すし詰め状態で車が動かせない……

 埼玉県草加市のある駐車場には、240台もの名だたる高級車が、すし詰め状態で置き去りにされたままだ。

 10月24日、記者が訪れると、自分の車を探し求めにきているオーナーたちの姿があった。彼らの相談に乗っている、作業着姿の男性に話を聞いた。

「私はSグループ内の整備工場から、ここにある車の修理を請け負っていただけで、なんの責任も権限もありません。ここの車の鍵を預かっていただけ。不憫なオーナーたちのため、ボランティアで車探しを手伝っています」

 彼によれば、数日前から1日15人ほどのオーナーが訪れるようになったという。

「ほとんどのオーナーが、実物すら見ないまま車を購入し、Sに管理を任せていました。だから、いま自分の車がどのような状態か不安で駆けつけてくるのです。ただ、全員が見つかるわけではないですよ。カーシェアで貸し出されたままで戻ってきていない車も200台くらいある。どうしても車を乗って帰りたいという人には、鍵を渡していますが、ご覧の通りのすし詰め状態だし、事故や故障で動かない車もあります。乗って帰れた人は2、3人くらいかな」

次ページ:一括返済を求める信販会社

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]