26年前の「日野町事件」で問われる裁判官の罪 彼らはこうして冤罪事件に加担した

国内 社会 2020年10月26日掲載

  • ブックマーク

「日野町事件」といっても知る人は少ない。大津地裁が再審開始を決定し、認めない検察が大阪高裁に即時抗告している、36年前の殺人の冤罪である。濡れ衣で刑務所に入れられた男性は雪冤を果たせず他界した。純朴な市民に無念の死を遂げさせたのは裁判官である。...

記事全文を読む