放送前からSNSで異論続出…菅野美穂「ウチの娘は、彼氏ができない!!」の受難

エンタメ 芸能 2020年10月25日掲載

  • ブックマーク

 日本テレビの来年1月期の連続ドラマは「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(水曜午後10時)になる。主演は4年ぶりのドラマ主演となる菅野美穂(43)で、オリジナル脚本を書くのは大御所・北川悦吏子さん(58)。ドラマファンはさぞ大喜びかと思いきや、一部からブーイングの声が上がり、炎上騒ぎになっている。なぜだ?

 放送開始前のドラマが炎上騒ぎになるのは前代未聞。まだ概要が発表されただけなのだ。

 このドラマで菅野美穂が演じる主人公はアラフォーのシングルマザー。恋愛小説家で「恋愛小説の女王」の異名を持つ。ところが、20歳になる自分の娘(浜辺美波、20)には彼氏がいない。

「理由は明らか。娘はオタクだからだ。しかも筋金入りの。あ~、あの子が二次元にまみれて、一生家にいたらどうしよう」(番組ホームページより)

 そこで母娘は「私たち、恋をしよう!」と決意する。そして母にとっては久々の、娘にとっては人生初の恋を繰り広げる…というお話なのだそうだ。

 この初期設定に異議を唱える声がツイッター上で相次いでいる。

〈オタクは恋愛できないという考えも、恋人ができないことは悪であるという考えも、親は子供に干渉してよいという考えも、全部古くてイケていない〉

〈現代にオタクが初期値として備わっているのも普通になってきたこのご時世に『オタクだから彼氏ができない』設定はやばすぎる〉

〈初期の相棒とか、昔のドラマで辺り構わずタバコをバカスカ吸っているのを見て違和感を覚えるのと同様に、もはやNO恋愛、NO LIFEではなくなってしまっているのですよ〉
――。

 無論、〈北川悦吏子先生のドラマ楽しみ〉などと放送開始を待ち望む声も多い。とはいえ、不快感を露わにする意見が目立つのも事実なのである。

次ページ:古い価値観

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]