「コロナ調査報告書」から小池都知事が逃亡 「ロックダウン」発言の責任追及を恐れて

国内 社会 週刊新潮 2020年10月22日号掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍における日本の政策を検証する上で一級品の資料だろう。民間で編纂された新型コロナ対応の調査報告書では安倍晋三前総理を始め、官邸幹部などお歴々がインタビューに答えている。しかし、キーパーソンである東京都の「女神」はあろうことか、そこから逃げていた。一体なぜなのか。

 ***...

記事全文を読む