唐沢寿明「24 JAPAN」は賛否両論 テコ入れ不可能で米国版を知らない視聴者に期待

エンタメ 芸能 2020年10月16日掲載

  • ブックマーク

 10月9日、テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『24 JAPAN』(23:15~)がスタートした。2001年にアメリカで放送され、世界各国で大ヒットした『24-TWENTY FOUR-』のリメイク版だ。初回視聴率は7・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、同時間帯ではトップを獲得。ところが、その出来栄えについては賛否両論が飛び交っている。

 ***

 米国版「24」は、アメリカの架空の連邦機関CTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド[53])のテロとの戦いを描いたドラマだ。1話で1時間、1シーズン24話で1日の出来事を描くリアルタイムサスペンスのはしりで、シーズン8まで放送された。

 日本版「24」は、“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、日本初の女性総理大臣(仲間由紀恵[40])が誕生するまでの24時間を描く。主人公は、CTU第1支部班長の獅堂現馬(唐沢寿明[57])だ。

 初回を見た人の評価は、SNSでは真っ二つだ。

面白かった!

〈本場の24観てないけど、24ジャパンおもしろかった!!〉

〈面白いと思ったら、脚本がハリウッドじゃないか。ハリウッドのユダヤ商人が、方針を変えて、ネット配信に絞ったのか。それとも、コロナで脚本家が暇で書いたが。ボツになった脚本か。〉

 深読みはともかく、面白いと思ったのはオリジナルを知らない世代だろうか。世界的大ヒットした作品だから、ストーリーが面白いのは折り紙付きだ。一方、オリジナルを知る人の意見は手厳しい。

次ページ:インド版の方がいい?

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]