「韓国」が頼みとするドイツで「慰安婦少女像」撤去 沈黙する「文大統領」

国際 韓国・北朝鮮 2020年10月13日掲載

  • ブックマーク

日本政府の要請を受け入れたドイツ政府の英断

 ドイツで元従軍慰安婦の被害を象徴する「平和の少女像」が、再び撤去されそうだ。9月28日、韓国系の市民団体「コリア協議会」がドイツ・ベルリンのミッテ区に設置した少女像について、ミッテ区役所は8日(現地時間)、同団体に「10月14日までに少女像を撤去せよ。少女像を自主的に撤去しなければ強制的に撤去し、発生した費用を請求する」とコリア協議会に通告した。

 ***...

記事全文を読む