草彅剛「ミッドナイトスワン」は大ヒット、いよいよ本領「飯島三智氏」のプロデュース力

エンタメ 芸能 2020年10月12日掲載

  • ブックマーク

 9月25日に公開された草彅剛(46)の主演映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)が大ヒットしている。エグゼクティブプロデューサーとして制作指揮を執ったのは4年前にジャニーズ事務所を離れ、CULENの代表となった飯島三智氏(61)。故・ジャニー喜多川氏が才能を高く買っていた飯島氏が、いよいよ本領を発揮し始めた。

「ミッドナイトスワン」はトランスジェンダーの凪沙(草彅)が、預かった親戚の女子中学生・一果(服部樹咲、14)に母性愛を降り注ぐ物語。識者たちの間からは早くも「今年の映画賞を独占する」という声が上がっている。

 凪沙はマイノリティーとして生きづらさを強いられている。一果もまた平均的な中学生ではない。酒癖の悪い母親の早織(水川あさみ、37)が育児放棄しているので、凪沙に預けられた。

 作品は凪沙と一果の愛情物語だが、世間のマイノリティーへの無関心や無配慮も静かに鋭く批判している。ジャニーズという芸能界の一大勢力を離れた途端、テレビに出られなくなった元SMAPで現在はCULENに所属する草彅、香取慎吾(43)、稲垣吾郎(46)の姿をオーバーラップさせた人もいるのではないか。

 この映画において飯島氏は名ばかりのエグゼクティブプロデューサーではない。内田英治監督の選定など一から制作を手掛けた。飯島氏の力量がフルに発揮された作品なのである。

 配給は東宝などの大手ではなく、独立系のキノフィルムズ(木下直哉社長)。このため、公開は全国151スクリーンと中規模だ。もっとも、オープニング3日間で8万3519人を動員し、1億2076万9260円の興収を上げた(興行通信社調べ)。

 キノフィルムズは、稲垣が主演した2019年の映画「半世界」、同じく香取が主演した「凪待ち」も配給した。同社は木下工務店で知られる木下グループの1つ。飯島氏が笹川陽平・日本財団会長(81)に高く買われているのは有名な話だが、木下社長もまた飯島氏を評価し、後ろ盾となっている。

 木下氏は木下グループCEOでもある。ただし創業家とは無関係で、2004年に木下工務店をM&Aで買収したヤリ手財界人だ。以前からエンタメビジネスにも関心が強く、2006年から映画産業にも進出した。

 タニマチ気取りでエンタメに手を出す財界人もいるが、木下氏は違う。邦画・洋画の配給にとどまらず、2015年には高良健吾(32)主演の「悼む人」(堤幸彦監督)を制作。映画界で確かな存在感を示している。

 木下氏と飯島氏の蜜月はジャニーズにとって心穏やかではないかもしれない。「半沢直樹」であらためて演技力の高さを示した西田尚美(50)や小林稔侍(79)ら実力派役者を擁する芸能プロダクション・鈍牛倶楽部も木下グループに入っており、さらに堂珍嘉邦(41)が所属する芸能プロダクション・キノミュージックもグループに属するからだ。

 テレビ局が長らく元SMAPの3人を出演させなかったのはジャニーズに絶対的な力があり、忖度したから。もっとも、飯島氏がエンタメに関心高い木下氏の助勢を得た上で、元SMAPの3人の魅力にさらに磨きをかけたら、両者のパワーバランスには変化が生じるだろう。ジャニーズで退所者が相次ぎ、不祥事が続いていることも影響するのは言うまでもない。

 既にパワーバランスは変化しているのかもしれない。それを表すかのように草彅は来年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に徳川慶喜役で出演する。3年前にジャニーズを退所して以来、初の地上波ドラマだ。

 香取も来年1月からテレビ東京の連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室」(月曜午後10時)に主演する。こちらも地上波ドラマは3年ぶりとなる。

 香取のテレ東での地上波ドラマ復帰は順当だろう。日本テレビは故・氏家齋一郎元会長とジャニーズのメリー喜多川名誉会長(93)が昵懇の仲で、だから嵐の櫻井翔(38)の「news zero」のキャスター就任が決まった。氏家氏の没後も両者の関係は緊密で、ドラマやバラエティーへのジャニーズ勢の出演は多い。

次ページ:各局との関係性

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]