「色が黒い子はかくれんぼが強くてズルい!」息子の発言は“黒人差別”なのか ノブコブ徳井が考えたこと

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

「かくれんぼが強くてズルい!」

 アメリカで「ブラック・ライブズ・マター」運動が100日以上にわたって続いている。9月12日、テニス全米オープンで優勝を果たした大坂なおみ選手が、1回戦から決勝まで黒人犠牲者の名前が記された7枚のマスクを着けて登場したことで、日本でも大きな話題となった。

 一方で黒人差別の問題を日本人が「自分ごと」として捉えるのが難しいのも事実だろう。しかし、平成ノブシコブシの徳井健太は、息子の何気ない無邪気な言葉から、真摯に差別の問題と向き合ったという。読売新聞に2012年に掲載された、今だからこそ読んでほしいコラムを紹介する。...

記事全文を読む