巨人「戸郷翔征」は9月に入ってなぜ打たれ始めたのか【柴田勲のセブンアイズ】

スポーツ 野球 2020年9月22日掲載

  • ブックマーク

 巨人が20日のDeNA戦(横浜スタジアム)を5対0で快勝、優勝マジックを「32」とした。落としていたら(20日現在)さすがに同一カード3連敗はまずいし、それに阪神戦からの4連敗となって、少しは慌てる気配が出たかもしれない。

 先週は今後の巨人、5割でいけばいいと記したが、どこのチームも残り試合は40少しだ。もう5割でなくてもいいのではないか。大きな勝ちだった。その原動力となったのが畠世周投手だ。先発予定だったC・C・メルセデスが左ヒジに違和感を訴えて登板回避したために代役となったが、実にいい投球をした。...

記事全文を読む