「超巨大台風」が東京を直撃した場合「23区のうち17区が浸水」 専門家が警鐘

国内 社会 週刊新潮 2020年9月17日号掲載

  • ブックマーク

気象庁の異例の対応

 襲来前から「100年に1度の大雨」と称されていた台風10号。結果的に当初の被害想定を下回ったが、専門家は「今後さらに強力な台風が首都圏を直撃する可能性がある」と警鐘を鳴らすのだ。では、もし「超巨大台風」が首都圏を直撃した場合、何が起こるのか――。

***...

記事全文を読む