菅新内閣の目玉「行政デジタル化」に立ちふさがる霞が関の「縦割り」

国内 政治 Foresight 2020年9月16日掲載

  • ブックマーク

 9月14日午後に開かれた自民党総裁選挙で、菅義偉官房長官が圧勝して新総裁に選ばれた。16日にも新首相に指名され、すぐさま組閣、新内閣が発足する。

 総裁に選ばれたあと、壇上で挨拶に立った菅氏はこう述べた。

 「総理大臣として7年8カ月にわたって、日本のリーダーとして国家・国民のために、尽力いただいた安倍総理大臣に心から感謝を申し上げる」

 これに対して、安倍晋三首相も挨拶に立ち、こう返した。

 「7年8カ月、官房長官として国のために、黙々と汗を流してきた菅氏の姿をずっと見てきた。...

記事全文を読む