澤村拓一のロッテ移籍で思い出した“4年前のトレード”【柴田勲のセブンアイズ】

スポーツ 野球 2020年9月10日掲載

  • ブックマーク

 巨人・菅野智之と中日・大野雄大のエース対決(8日・ナゴヤドーム)は実に見応えがあった。菅野には38年春のスタルヒン以来、球団82年ぶりの開幕10連勝がかかっていたし、大野雄は5戦連続完投勝利、しかも2戦連続完封中だった。セ・リーグNo.1投手を決める投げ合いは結果として菅野に軍配が上がった。巨人打線が数少ないチャンスをものにして菅野を援護したが、中日打線は序盤のチャンスをものにできなかった。甘い球があったものの、打ち損じていた。援護に恵まれなかった。私、出来とすれば大野雄の方が上だったと思うが、先制点を許したのが敗因となった。...

記事全文を読む