「朝鮮総連」の呪縛…「朝鮮学校」が授業料無償化を叫ぶ本当の理由

国際 韓国・北朝鮮 2020年9月6日掲載

  • ブックマーク

12年間を朝鮮学校で過ごした「私」が指摘する闇

「高校無償化」制度の対象から朝鮮学校を外したのは違法だとして、愛知朝鮮中高級学校の卒業生が国を相手に損害賠償を求めた訴訟。最高裁第2小法廷は9月2日付で、卒業生側の上告を退ける決定をした。1審は「朝鮮総連や傘下団体の介入により、学校運営が『不当な支配』を受けている合理的な疑いがあった」と指摘、2審もこの判断を支持していた。最高裁が同様の判断をするのは、東京、大阪で提起された裁判に続き、3例目だ。小中高の12年間を朝鮮学校で過ごした「私」が明かす、朝鮮学校の背後に横たわる闇について。...

記事全文を読む