もともと反韓・嫌韓ではなかった「安倍首相」を変えた“事件”とは?

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

相対した盧武鉉、李明博、朴槿恵、文在寅のうち、朴大統領の欠礼がきっかけで

 韓国内でも安倍晋三首相の辞任表明は大きなニュースになった。そして多くの人は辞任を歓迎している。新しい首相が選出されれば、日韓関係が今よりは良くなるという漠然とした期待からだ。しかし、日韓関係史を専門とする評論家の李東原氏は、「これは、今の日韓関係の破綻の原因を安倍氏個人に転嫁する卑怯な発想。後任が誰になろうと、韓国の姿勢が変化しない限り、悪化した日韓関係が良くなることはない」と断じる。そして、安倍首相を変えることになった“事件”についても触れるのだった。...

記事全文を読む