「松岡修造」を一流にした”麻雀漬け”の日々 現在はジュニアの育成に注力(小林信也)

  • ブックマーク

 松岡修造を語る時、1995年全英オープン(ウィンブルドン)ベスト8進出が必ず挙げられる。だが、

「選手として最高の瞬間は、ウィンブルドンのベスト8ではないんです。その翌年の全英オープン2回戦です。優勝経験のあるシュティヒ(ドイツ)とセンターコートで対戦した試合です」...

記事全文を読む