「当日まで辞任を知らなかった」 第一次政権官房長官が綴った「安倍総理辞任の日」

国内 政治 2020年8月28日掲載

  • ブックマーク

 8月28日、安倍晋三総理大臣が辞意を表明した。唐突という点では、前回と酷似していると言えるだろう。第1次政権の際も辞任はギリギリまで伏せられていた。何せ「女房役」であるはずの官房長官、与謝野馨さん(故人)も当日まで知らなかったというのだ。

 与謝野さんの著書『堂々たる政治』には、この時の顛末(てんまつ)が率直に綴られている。前回との共通点からは、安倍総理の性格が読み取れるかもしれない。以下、同書から引用してみよう。

 ***...

記事全文を読む