日韓GSOMIA再延長…戦犯と名指しする三菱にメンテを頼まざるを得ない皮肉

国際 韓国・北朝鮮 2020年8月27日掲載

  • ブックマーク

不動産高騰問題などが山積し、GSOMIAを考える余裕は少しもなかった

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が再延長した。日韓GSOMIAは2016年11月23日に締結・即日発効し、1年ごとの自動延長で、延長をしない場合は90日前の8月24日までに相手国に通告する取り決めになっている。日本が韓国向けの輸出管理を強化し、韓国をホワイト国から除外した昨年の8月23日、韓国政府はGSOMIAを破壊すると日本に通告したが、11月22日に破棄を取り消して延長すると通告。韓国政府がGSOMIAの終了を猶予しただけで、いつでも終了できるという戯言を繰り返すなか、今年の8月24日、再度、終了を通告するかどうかに注目が集まっていたのである。...

記事全文を読む