「行政デジタル化」遅滞の原因は「国債制度」という意外な理由

国内 政治 Foresight 2020年8月3日掲載

  • ブックマーク

 政府は7月17日、新たな骨太の方針となる「経済財政運営と改革の基本方針2020~危機の克服、そして新しい未来へ~」を閣議決定した。

 その中核に据えられたのは、

「行政のデジタル化(デジタル・ガバメント)」

 だ。

 言うまでもなく、政府はこれまでも行政のデジタル化に取り組んできた、はずである。が、実際には遅々として進んでいない。実はそこには“意外な理由”が隠されていた。

先進国で最下位の「行政デジタル化」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は緊急事態宣言を発出、休業要請や外出自粛を実施したことで経済活動が停止した。...

記事全文を読む