東芝を襲う試練 大物弁護士が「ハゲタカファンド」側に肩入れか

国内 社会 週刊新潮 2020年7月30日号掲載

  • ブックマーク

 今年はコロナ禍で株主総会を延期した上場企業が続出したが、大手電機メーカーの東芝も例外ではない。同社の場合は、例年よりほぼ1カ月遅れの7月31日の開催である。5年前の不正会計事件から始まって不祥事続きだった同社だが、3月期の営業利益は約1300億円。経営陣も少しは胸をなでおろしているのかと思ったら、思わぬ強敵が出現しているのだという。...

記事全文を読む