大谷翔平、一死も奪えず5失点KO…江本孟紀氏はこう見る

スポーツ 野球 2020年7月27日掲載

  • ブックマーク

心配しつつ投げているから

 LAエンゼルス・大谷翔平投手(26)が7月27日、敵地のアスレチックス戦で先発。2018年10月2日、ロサンゼルス市内の病院で右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)を受けた大谷にとって、693日ぶりのメジャーのマウンドだったが、一死も取れずノックアウト。何が良くなかったのか、解説者の江本孟紀氏に聞いた。

 ***...

記事全文を読む