日本兵の心理を戦時中から徹底研究していたアメリカ

国内 社会 2020年7月21日掲載

  • ブックマーク

 日本の敗戦について、今日では以下のような見方は珍しいものではない。

「日本政府、日本軍は戦争を始めることは考えていた。問題はどこでどう終わらせるかのビジョンを持っていなかった点だ」

 つまり勝利以外を念頭に置かなかったために、上手な終わらせ方、負け方まで気が回らず、結果的に傷を深くしてしまった、ということである。

 アメリカは対照的だった。勝者であるにもかかわらず終戦後も、「政治戦」と「心理戦」という形で日本に対する「戦争」を続行していたという。どのような考えに基づいたもので、実際に何が行われていたのか。...

記事全文を読む