巨人ファンが愛をこめて送る、開幕ダッシュで躓いた阪神タイガース改革プラン

スポーツ 野球 2020年7月14日掲載

  • ブックマーク

複数年活躍する生え抜き選手があまりいないこと

 思えば、優勝から15年、日本一からは35年も遠ざかっている阪神タイガース。優勝のたびに「生きているうちに遭遇できるのはこれが最後」という枕詞がつくほど、ペナントレースの女神からは見放されている。阪神ファンにとって言われなくてもわかっているところではあろうが、敢えて、ライバル・巨人軍の熱烈なファンから改革プランの提案をいただいた……愛をこめて。

 ***...

記事全文を読む