京都「祇園」の舞妓2人がコロナ陽性 遅れた公表、関係者は「ホストクラブよりあかん」

国内 社会 2020年7月7日掲載

  • ブックマーク

 京都最大の花街「祇園甲部」で、舞妓2名が新型コロナウイルスの陽性反応を示していたことがわかった。関係者からは、その対応を疑問視する声もあがる。

 ***

 98人の芸舞妓と地方(じかた)が活動する祇園甲部。置屋などが加盟する祇園新地甲部組合が、組合員2名の感染を知らせる通達を行ったのは、6月28日のことだった。そこには〈ご心配をおかけして申し訳ありません〉の文言と共に、

〈すでに濃厚接触者は特定されております〉
〈ウイルスは72時間で死滅しますので、保健所に確認したところ女紅場(※芸舞妓の教育場)は閉鎖する必要もなく消毒業者の消毒も必要ないとの回答をいただきましたので、女紅場は休校にせず、通常通お稽古は行います〉
〈感染者が発生したことは残念なことではありますが、余計な噂を吹聴したりすることは決してしないようにお願いいたします〉

 といった連絡事項がならぶ。つづいて7月4日には“濃厚接触者十数名を特定したが、PCR検査は全員陰性だった”旨も通達された。

 27日の段階で、京都府は「無職で知人関係にある10代の女性2人」が感染したと発表しているが、彼女たちが同じ置屋の舞妓であることは発表されていない。28日の通達からおよそ一週間後にあたる7月6日、週刊新潮の取材に対し、祇園新地甲部組合は陽性者が舞妓だったことを認めた。

「こういう時代ですので、陽性者が出てしまったことは、やむを得ないと考えています。なんぼ気をつけても、かかる人は出てしまいますから。組合としては現在、感染拡大防止のガイドラインを遵守するよう、各組合員にお願いしているところです。とはいえ、営業中のお茶屋さんに乗り込んでいって確認することまではできません。保健所の指示に従って粛々と対策いたします。陽性になった舞妓2人は責任を感じ、またショックを受けています。そこは理解してください」(組合)

 陽性者が出たことをなぜ発表しなかったのかについては「隠していたつもりはないです。今日明日にでも発表します」と回答している。

次ページ:ホストクラブよりあかん状態

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]