内地のパチプロが沖縄入りしてきたワケとは? コロナ禍か、あるいは…

国内 社会 2020年7月5日掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍で、開店営業していることを批判された施設のひとつにパチンコ屋がある。遊戯場として、開店しているなんてけしからんということなのだろうが、しかし、パチンコを仕事として、生計を立てている人たちが存在するのも事実。そう、パチプロだ。彼らにとって、パチンコ屋が開店しているか閉店しているかは死活問題になる。結果パチンコ屋は閉店し、彼らの生活は、相当なダメージを受けた。パチンコ屋の行列も、これで生活をする人たちがいるという目で見れば、また風景が変わって見える。みんな必死なのだ。...

記事全文を読む