巨人「菅野智之」の“タイトル独占”を阻止する若手は…セ・投手タイトルを大予想

スポーツ 野球 2020年6月24日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、開幕は3カ月も遅れ、試合数は120試合制で行われる今季のプロ野球のペナントレース。チームの順位とともに注目を集めるのが個人タイトル争いだが、4回にわたり誰が獲得するのか予想してみたい。今回はセ・リーグの投手編だ。予想するタイトルと昨年の受賞者、その成績は以下のとおりである。...

記事全文を読む