菊池桃子、“糟糠の”事務所独立の背景に「経産省局長」夫のキャラクター

エンタメ 芸能 2020年6月23日掲載

  • ブックマーク

菊池の全てを見てきた社長を離れて

 6月22日、女優の菊池桃子(52)が所属する「パーフィットプロダクション」を辞めて、新事務所を設立したことを発表した。昨年に経産次官候補の夫と結婚し、NHK朝の連ドラ「エール」では主演の窪田正孝の母親役として存在感を発揮と、公私ともに順調だと思われていたのだが……その背景には何があったのか。

 ***...

記事全文を読む