過激化する人種差別反対運動 「ペニー・レイン」「風と共に去りぬ」がNGならあの大名曲は……

国際 2020年6月20日掲載

  • ブックマーク

 アメリカでの人種差別反対運動の影響は、文化を裁く次元にまで到達している。名画「風と共に去りぬ」は差別的な表現があることを理由に、一時的に配信が停止された。またビートルズの名曲の名前の由来となったリバプールのペニー・レインという通りの看板そばの壁には「人種差別主義者」と落書きが書きこまれた。通りの名前が奴隷貿易船の船長からきている、という説があるからだという。通りの名前の変更まで主張する極端な人も現れている。...

記事全文を読む