「お客様第一主義」に苦しめられる宅配ドライバー コロナが追い打ち【#コロナとどう暮らす】

ビジネス 企業・業界 2020年6月19日掲載

  • ブックマーク

訪問先でいきなり消毒液をかけられ…

 ステイホームの影響で以前よりも宅配やネット通販の需要は激増。自宅にいながら何でも手に入ることの便利さを痛感した方も多いはずだ。

 一方で、宅配便のドライバーが訪問先で嫌な目にあったという現場の悲鳴もしばしば報道された。注文の品を届けに行っただけなのに罵声を浴びせられた、いきなり消毒液をかけられた等々。

 これらは新型コロナのせいで……といった文脈で語られがちだが、実のところ物流を支えるエッセンシャル・ワーカーであるはずのトラック・ドライバーたちは日頃から、かなり差別的な扱いを受けている。...

記事全文を読む