ソフトバンクの5年後を占う…次代のエース候補は“元米ドラ1”のスチュワート

スポーツ 野球 2020年6月8日掲載

  • ブックマーク

 マイナーリーグの下部組織が充実している米国では、常に3年後、5年後のオーダーを見据えながら選手の編成、補強を行っている。日本のプロ野球では登録枠数の問題から、そこまで選手を抱えることはできないが、ソフトバンクなどを筆頭に長期的なスパンで選手を獲得している球団が出てきていることも確かだ。そこで現在所属している選手で5年後のオーダーを組んだ時にどんな顔ぶれになるかを考えながら、各球団の補強ポイントを探ってみたい。今回は日本シリーズ三連覇中のソフトバンクだ。...

記事全文を読む