55日ぶり「外出制限解除」で浮上したマクロン政権の「不協和音」

国内 政治 Foresight 2020年5月29日掲載

  • ブックマーク

 フランスのロックダウン(都市封鎖)による外出制限が5月11日、3月17日以来55日ぶりに解除された。

 とはいっても、飲食店や映画館・劇場などは閉鎖のまま。100キロ以上の移動は原則禁止。午前6時半から9時半までと午後4時から7時の間は、雇用主が発行する出勤、退社時間を明記した通勤証明書がなければ公共交通機関には乗れない。不携帯は135ユーロ(約1万6000円)の罰金である。おそるおそるの解除だ。

 それも道理で、決して新型コロナウイルスの感染リスクがなくなったわけではない。...

記事全文を読む