明治38年、早大野球部が初の米国遠征で持ち帰った“野球技術”とは

清水一利 にっぽん野球事始 スポーツ 野球 2020年5月23日掲載

  • ブックマーク

にっぽん野球事始――清水一利(15)

 現在、野球は日本でもっとも人気があり、もっとも盛んに行われているスポーツだ。上はプロ野球から下は小学生の草野球まで、さらには女子野球もあり、まさに老若男女、誰からも愛されているスポーツとなっている。それが野球である。21世紀のいま、野球こそが相撲や柔道に代わる日本の国技となったといっても決して過言ではないだろう。そんな野球は、いつどのようにして日本に伝わり、どんな道をたどっていまに至る進化を遂げてきたのだろうか? この連載では、明治以来からの“野球の進化”の歩みを紐解きながら、話を進めていく。...

記事全文を読む