朝ドラ「エール」が名作になる予感 業界通が解説する“これだけの根拠”

エンタメ 芸能 2020年5月19日掲載

  • ブックマーク

 NHKの朝ドラ第102作「エール」が、5月に入って勢いを増している。週平均の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)で見ても、4月期は19%台だったが、5月に入ると20%を下回ることはなくなった。物語は、これからまさに名曲の数々が生み出されることに。業界関係者は早くも「名作と呼ばれる作品になるかもしれない」と予言する。

 ***
...

記事全文を読む