中国の新戦略「大湾区構想」が受けた「新型コロナ」の衝撃(下)

ビジネス Foresight 2020年5月13日掲載

  • ブックマーク

 大湾区は2030年をめどに、「知識集約型産業への転換」「高付加価値サービス産業・内需経済への切り替え」を目指している。

 つまり大湾区は、競争力のある産業と知識集約型産業への転換を大目的にしているということだ。

 その実現には「イノベーション」の役割が重要であり、大湾区は、中国におけるイノベーションの中心地の1つになることを位置付けられているといえる。

 そこで、イノベーションの中心地という大湾区の立ち位置や、「新型コロナウイルス」騒動でそれがどのような変化を遂げていくのかについて検討してみたい。...

記事全文を読む