前澤社長と復縁した剛力彩芽、「第二の浜崎あゆみ」にキャラ変か?

エンタメ 芸能 2020年5月2日掲載

  • ブックマーク

「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました。」とは、浜崎あゆみの「M 愛すべき人がいて」の帯にあるコピーだ。この言葉、むしろ剛力彩芽にこそ当てはまるのではないだろうか。ZOZO前澤社長との恋愛で、軒並み仕事を失った彼女。彼との公開恋愛をつづったSNSは失笑と批判の的となり、ファン離れも引き起こした。一人の男によって、「事故物件」のような扱いをされてきた彼女こそ、自分の身を滅ぼした恋愛をしてきたと言っていい。...

記事全文を読む