菅田将暉、両親だけでなく弟も“出たがり” 次男三男がYouTubeに

エンタメ 週刊新潮 2020年4月16日号掲載

  • ブックマーク

 親の七光りならぬ、“兄の七光り”とでも言うべきか。ドラマやCMに引っ張りだこ、歌手として昨年の紅白出場も果たした俳優、菅田将暉(27)の弟が、兄の人気に便乗して……。

 ***

 これまで本誌(「週刊新潮」)は、菅田の父親であり経営コンサルタントの菅生新(すごうあらた)さんを“出たがりパパ”として紹介。美容サロンを経営する母親の好身(よしみ)さんについては、“出たがりママ”と報じてきた。

 講演活動に勤しむパパに、その夫とともに「オカルトランチ会」を開き、スプーン曲げを披露するママ。いずれも、長男である菅田将暉の名前ありきゆえ、二人を“子の七光り”と評してきたのである。

 だが今回は、両親ばかりか菅田の弟も“兄の七光り”だという話。

 菅田が3人兄弟なのはわりと知られているが、次男は、〈こっちのけんと〉なる名前で昨夏からYouTubeチャンネルに動画を投稿。目につく動画のタイトルは、〈菅田将暉出演情報まとめ!〉や〈家族が有名人って、どんな気持ち?〉といったところか。菅田の蝋人形が飾られたお台場の「マダム・タッソー」に三男と行って3人で“共演”し、兄弟の絆を見せてもいる。

 他方、三男も負けじと、昨秋から〈菅生新樹(あらき)チャンネル〉を開設、SNSには菅田一家の写真を載せている。コメント欄には〈声もお兄さんに似てる~!〉〈菅田くんに、目元がそっくり〉と、菅田ファンの声。

 かように、弟たちも“菅田将暉色”全開の“出たがりブラザー”なのである

次ページ:音楽的ベンチャー活動

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]