「キムタク長女」デビューの裏のお膳立て “私人”からVOGUE誌に起用

エンタメ

  • ブックマーク

 キムタク一家の全貌が、ついに白日の下に晒された。3月19日、スポーツ新聞各紙が、木村拓哉と工藤静香夫妻の長女・Cocomi(18)=本名・心美=のデビューを報じたのだ。その舞台裏では、入念なオトナたちのお膳立てがあったご様子で……。

 ***

 突然の発表で、世間の注目を浴びたのは間違いない。次女のKoki,(17)に続き、モデルとして芸能界デビューとなった長女も、破格の待遇である。

 まずは「VOGUE JAPAN」5月号の表紙を飾り、世界的ファッションブランド「Dior」のジャパンアンバサダーにも就任するという触れ込みなのだ。

 4月からは桐朋学園大に進学、フルート奏者として学業優先で活動するそうだが、その仔細を報じたスポーツ紙を見れば、

〈キムタク&静香長女Cocomiデビュー〉(3月19日付日刊スポーツ)

〈キムタク静香長女デビュー いきなり「VOGUE JAPAN」表紙〉(同日付スポーツ報知)

 他にも全紙横並びでほぼ同じ見出しの記事が掲載されたのだった。

 振り返れば、2年前にデビューしたKoki,も、ファッション誌の表紙やブランドのモデルが初仕事。つまりは今回と同じ戦略が取られたが、裏には“ステージママ”の工藤静香がいたとして、世間から散々叩かれてしまった。

次ページ:“そんなこと聞くの?”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]