トヨタ・NTT「スマートシティ」資本業務提携に感じる「違和感」

ビジネス Foresight 2020年3月26日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルス感染拡大による東京オリンピック・パラリンピックの延期決定の公表に数時間先だって発表された、トヨタ自動車とNTT(日本電信電話)の資本提携。  大変革期にあるモビリティと通信の両分野の巨大企業が手を結ぶインパクトのあるものだった。  だが、スマートシティ構築での協力と言われても、一体、何をするのか、両社がそこからどのような協業の成果をあげるのか、まったく実感が湧かない。  トヨタの計画する東富士(静岡県裾野市)のスマートシティ「Woven City(ウーブン・シティ)」のイメージ動画は美しいが、巨大企業が組めば成功するはず、という根拠なき楽観だけが漂う印象だった。...

記事全文を読む