NSCから消えた「感染症対策担当官」:「コロナ大混乱」でトランプ政権「機能マヒ」 インテリジェンス・ナウ()

国内 政治 Foresight 2020年3月24日掲載

  • ブックマーク

 米国は、感染者が短期間に3万人を超え、中国、イタリアに次ぐ世界3位に急増したが、死者は1%強と死亡率が低い。「新型コロナウイルス」対策の初動が遅れ、証券市場もパニックに陥ったが、医療崩壊は回避できている現状が浮かぶ。

 では、きわめて重要な初期対応はどうなっていたのか。実は、ドナルド・トランプ政権の対応に、信じられない失態があったのだ。

受け手がいなかったCDCの情報

 日本の感染症専門家もうらやむ米国の疾病対策センター(CDC)。第2次世界大戦中の「国防マラリア対策活動局」などがその起源だ。...

記事全文を読む