野村克也が古田敦也を名捕手に育てた「叱責」とは

スポーツ 野球 2020年3月18日掲載

  • ブックマーク

 2月11日に急逝した野村克也氏(享年84)が育てた選手は数多い。しかし、何といってもその筆頭に挙げられるのは古田敦也氏だろう。球界を代表する名捕手をどうやって育てたのか? 野村氏の最新刊『野村克也の「人を動かす言葉」』(新潮社)には、古田氏を巧みな「言葉」で育て上げた詳細がつづられている(以下〈〉内引用は同書より)。

 古田氏は1989年のドラフト2位。野村氏がヤクルトの監督になって初めてのドラフトだった。立命館大学からトヨタ自動車の正捕手。88年のソウルオリンピックでは日本代表にも選出(結果は銀メダル)。...

記事全文を読む