「モーニングショー」玉川徹氏の「軍事より感染症対策を」は正論か

国内 社会 2020年3月12日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルスの政府対応に最も厳しい姿勢を取っているコメンテーターの一人が「モーニングショー」(テレビ朝日系)の玉川徹氏だろう。もともと安倍政権には批判的なスタンスが目立っていたが、その姿勢は今回の件でも一貫している。最近では「安全保障というと軍事や食糧については国内では議論されてきたが、感染症に対しては考えられていなかったのではないか。しかし感染症のリスクがあることはわかっていたはずだ。それなのにマスクすらろくに備蓄していない。安倍政権は軍事については前のめりだったが、戦争と感染症、どちらのリスクが高いと思うのか。...

記事全文を読む