安倍総理の“一斉休校”に現場の悲鳴 学童保育が“クルーズ船化”するリスク

国内 政治 週刊新潮 2020年3月12日号掲載

  • ブックマーク

 指導力を演出したい――。しかし、それは本来、自らアピールするものではなく、その振る舞いから自然と滲(にじ)み出てくるものである。安倍晋三総理の「一斉休校要請」で浮き彫りとなったのは、トップの剛腕ではなく、彼の独善がもたらしたドタバタの悲喜劇だった。

 ***...

記事全文を読む