帝国陸海軍の「亡霊」が支配する新型コロナ「専門家会議」に物申す(下) 医療崩壊()

国内 政治 2020年03月05日

  • ブックマーク

 では、彼らと普通の臨床医の違いはなんだろうか。私は、「情報開示への姿勢」だと思う。

 敵軍と対峙することが前提である軍隊には、情報開示は求められない。情報開示による社会のチェックが受けられないため、シビリアン・コントロールが重視される。

 ただ、軍事は高度に専門的だ。政治家には理解できないことが多く、しばしば暴走する。統帥権を盾に暴走した帝国陸海軍は勿論、世界各地でクーデターが後を絶たない。

 軍隊のもう1つの特徴が、自前主義だ。軍医の立場になれば、治療薬やワクチンは自前で調達しなければならない。...

記事全文を読む