叩いていい存在、いけない存在(中川淳一郎)

  • ブックマーク

 スーパーで会計を終え、袋詰めをしている年の頃65歳というオッサンが突然店内全体に響き渡る大音量で「ヘーックン、ヘーック、ヘーックション!」とくしゃみをしました。その瞬間、店内には「新型コロナのオッサンがおる……」と緊張が走り、買い物客は彼から離れます。...

記事全文を読む