藤田ニコル、ギャラめぐり母が事務所と対立 現場から姿消す

エンタメ 2020年03月02日

  • ブックマーク

 愛する娘と二人三脚だったはずなのに――。2月20日に22歳になったモデル・藤田ニコルと所属事務所のオスカーとの間に溝が生まれている。その背景に長く芸能活動を支えてきた母の“銭闘”があった。

 ***

 もっとも、藤田ニコルの活躍には舌を巻くばかり。

「若者への人気からテレビで起用されやすいんです」

 とは、芸能記者。

「番組の女性ゲストとして、一番で声がかかるのが彼女。笑いをとるタイプではないんですけど、失言もないしコメントが安定している。何より10代からの絶大な支持を得ていますから」

 ニコルはニュージーランド出身。ロシア人とポーランド人のハーフの父と日本人の母との間に生まれ、幼少時に両親が離婚し、来日。2009年にローティーン誌「nicola」のモデルとしてデビューし、「Popteen」や「ViVi」の専属モデルを務めながら、バラエティ番組に出演するようになった。

 その芸能活動を当初から支えてきたのが、現在47歳の母親である。

 キー局中堅社員が言う。

「母子の仲の良さは有名で、かつては番組でニコル本人が“ママるんです”と紹介したこともあります。母はかつて埼玉県内で飲食店を経営。ステージママでもあり、収録現場にも時折姿を見せ、マネージャー的な役割も果たしていたのです」

 ところが、その母子関係に異変が生じている。

「昨年から、お母さんの姿を現場で見かけなくなったんです。以前から所属事務所のオスカーのマネージャーはついています。ただ、時にお母さんが来て、あれこれと差配していたのですが、ここ最近はぱったり見なくなって……」(同)

 そのことが様々な憶測を呼んでいる。

 この中堅社員が続ける。

「ニコルが母を遠ざけようとしているのでは、と言われています。今まで母子べったりでしたから、反抗期とでも言うべきでしょうか」

次ページ:裁判も辞さず

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]