科捜研の女、偉大なるマンネリドラマの魅力 マリコと土門の気になる今後…

エンタメ 芸能 2020年2月13日掲載

  • ブックマーク

 沢口靖子(54)が主演しているテレビ朝日の連続ドラマ「科捜研の女season19」(木曜午後8時)が、来月で1年間の放送を終える。近年の連ドラはほとんどが3カ月間で終わるため、放送記者らの間には「途中で飽きられるのではないか」といった冷ややかな声がスタート前にあったが、現時点までの平均視聴素率は10%を超えている。誇れる成績だ。カルト的ファン、科捜研オタも増えている。...

記事全文を読む