加藤「スッキリ」が羽鳥「モーニングショー」を猛追 日テレVSテレ朝視聴率戦争に異変

エンタメ 芸能 2020年2月7日掲載

  • ブックマーク

 昨年の年間視聴率争いは相変わらずで、かろうじて日テレが三冠を制した。だが、年が明けると状況は一変しているという。第2週~第4週にかけて、日テレは週間視聴率で3週連続の三冠を獲得。逃げ足を早めて、テレ朝を引き離している。一体、何が起こっているのか。

 ***

 両者の勢いを象徴しているのが日曜夜のバラエティ戦争だった。昨年は、日テレの看板とも言える「世界の果てまでイッテQ!」を、テレ朝の「ポツンと一軒家」(ABCテレビ制作)が追い抜き、突き放したことはデイリー新潮でも伝えてきた。

 しかしながら、「『ポツンと一軒家』が『イッテQ』に連勝! それでも業界からは早くも不安の声」(19年4月14日配信)でも報じた通り、そこには裏番組の大河ドラマ「いだてん」の不調が大きかった。「いだてん」が下げた視聴率は、そのまま「ポツン」に移ったような傾向があったのである。民放プロデューサーも言う。

「個人視聴率で見ても、『ポツン』の視聴者はお年寄りが多かった。同番組は、今年1月5日には19・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)の高視聴率を誇っていましたが、19日にNHK大河『麒麟がくる』がスタートすると、16・1%に急落。一方、この日の『イッテQ』は15・6%といつもと変わらず安定していました。日テレがどうしたというわけではなく、テレ朝が失速したわけです」

 そこに不運も加わったという。

「昨年の連ドラNo.1の視聴率だった米倉涼子の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレ朝)の後番組『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』は、16日の初回こそ、12・0%とまずまずの出足でした。しかし、『週刊文春』が主演の東出昌大の不倫を報じた日に放送された第2話は、9・7%と急落。彼に対する批判の声は、当分、治まりそうもなく、CMはすべて降板。ドラマにも打ち切り説が流れているほど。第3話では10・3%に持ち直したとはいえ、はたしてそこから伸びるかどうか……」(同)

 さらに朝番組にも異変が起きている。

「テレ朝の全日帯(6時~24時)を引っ張ってきたのが、朝の情報番組の強さでした。中でも『羽鳥慎一モーニングショー』は盤石と言ってよく、昨年までの3年連続で民放の首位(年間平均視聴率9・4%)を獲っていた。しかし、徐々に日テレ『スッキリ』が迫りつつあったんです。そして20日には、『モーニングショー』8・0%、『スッキリ』8・4%で逆転しました」(同)

次ページ:闇営業問題で変わった「スッキリ」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]